Abandoned Loudspeakers and Its Repair スピーカー修理

Loudspeaker-Edge Repair by myself

abandoned-loudspeakers-and-its-edge-repair-jbl-2122h-mid-bass-and-2235h-woofer
Edge repair, switched from worn-out Foam edge to new Rubber one
(JBL 2122H 10″ Mid bass and 2235H 15″ Woofer)

 5年ほどスピーカーを放置していたので、エッジはボロボロに。 交換部品を購入し、自分で修理した。 一つのエッジを交換するのに約6時間。 老朽化したエッジを削ぎ落す工程が交換作業の大部分を占める。 新たなエッジの接着は、中心位置を調整しながら接着剤が硬化し始めるまでに素早く行う。

edge-repair
Shearing off the old glue of JBL 2122H 10″ Mid bass and sticking a new foam edge to the radio cone paper of Fostex FW405 15″ Woofer

fostex-fw405-woofer-foam-edge-before-and-after
Fostex FW405 15″ Woofer Units before/after
and a New Foam Edge

abandoned-loudspeakers
Repaired Loudspeakers

 本来のスピーカーエッジ材質はウレタンフォーム。この材料は軽量で柔軟性に富むが経年劣化が著しく、寿命は約18年だった。 フォステクスのウーファーユニットは元と同じウレタンエッジを採用したが、JBLの各ユニットはファンテック社の耐久性に優れたラバーエッジ(RE15RE10)を採用した。

 エッジ交換による音質の変化は、僕には分かりません。 何故なら、5年近く音を出さずに放置した結果、元の音を忘れたから。

END

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.